小児歯科-足立区梅島の歯科・歯医者|野口歯科医院

03-3889-1180

足立区梅島 東武梅島駅から歩いて3分

03-3889-1180

足立区梅島 東武梅島駅から歩いて3分

小児歯科

小児歯科

大人の診療は、存在している歯の治療となりますが、お子様の場合は、歯を健やかに成長させ、永久歯を育むことがポイントとなります。そのため、特に予防に力を入れています。

お子様は大人よりも痛みに敏感なので、当院では無理に抑えつけて治療することはありません。
緊急時における治療が必要になった場合は可能な限りお子様の精神的苦痛を取り除けるよう、まず出来ることから治療を行い、痛みに配慮した治療を行うよう心がけています。

お子様に恐怖心を植え付けないためにも、細かく注意して治療しています。麻酔はなるべく利用せず、痛みを緩和させる効果も見込める炭酸ガスレーザーを使用して虫歯の治療を行う場合もございます。痛みについてとても不安な場合はご相談ください。

また、治療だけでなく、毎日を過ごすために必要な歯磨きについても楽しくわかりやすく指導しています。お口周りの簡単な体操を行い、口腔筋の機能向上について指導する場合もございます。

子どもの虫歯治療

小児の虫歯予防は「母親にかかっている」ことはご存知でしょうか。

生後10ヶ月~31ヶ月の間に、虫歯菌であるミュータンス菌が母から小児へと経口感染していきます。その時の条件は、母親の口腔内にミュータンス菌が大量にいる場合、また、小児がショ糖(砂糖)をたくさん摂取している場合に感染するのです。

問題は、一旦強く感染してしまうと、ブラッシングくらいではミュータンス菌を減らすことは出来ず、「一生ミュータンス菌を大量に抱えて過ごしていかなければならない」というリスクを追ってしまうことです。

反対に、上記の期間を無事に過ごすことが出来れば、サングイス菌(虫歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくい口腔となっていきます。

学校検診で指摘をされたら

学校や幼稚園などの検診で歯科医院に行くよう勧められた場合は、まずはご相談ください。

学校や幼稚園・保育園での検診(公的検診)の目的は、大きな虫歯や問題の「早期発見」になります。

学校や幼稚園などの検診では本来必要な条件における検査ができないため、正確な診断や虫歯の早期発見は困難となりがちですが、その状態で指摘を受けた場合は状況が進行しているケースが見受けられがちです。

当院でも独自の検診を行っておりますが、磨き残しについてはエアーや水で汚れを取り除くこともでき、十分な光量にて口腔内を検査することができるので虫歯の進行度合いもはっきりと区別することができます。見落としなども防ぐことが可能となります。

学校検診で指摘を受けたら、当院でさらにしっかりとした確認を行い、お口の健康を維持しましょう

当院の虫歯予防

下記のような虫歯予防を当院で行っております。定期的に通院して歯の健康維持に努めましょう。

フッ素
フッ素入りの歯磨きをご利用になっている方も多くいらっしゃると思います。フッ素には歯を強くする効果があり、虫歯予防には欠かせないアイテムです。当院でもフッ素を歯に塗ることで、歯を強くするようにしています。歯科医院でしか取り扱えないフッ素もございますので、気になる方はご相談ください。

シーラント
歯の溝を埋めることで虫歯になりにくい構成にするシーラントという治療があります。特に難しい治療ではございませんが、取れる場合もございますので、定期的な治療が必要となる場合もございます。

その他お口の健康を維持して虫歯や歯周病を防ぐために、歯科医院だけで取り扱っているものがございますので、お子様の歯を大切にしたいと思われる親御様がいらっしゃいましたらご相談ください。

ロイテリ菌
ロイテリ菌は人由来の副作用がない乳酸菌です。このロイテリ菌を摂取することで歯周病や虫歯、口臭の予防を行うことができます。詳細は下記よりご確認ください。

ロイテリ菌について