マウスピース-足立区梅島の歯科・歯医者|野口歯科医院

03-3889-1180

足立区梅島 東武梅島駅から歩いて3分

03-3889-1180

足立区梅島 東武梅島駅から歩いて3分

マウスピース

歯ぎしりについて

「歯ぎしりをする」「食いしばりをする」「歯の先端を小刻みに接触させる」このような症状はありませんか。

これらの行動は無意識に行われていることが多く、本人が自覚しているケースも少なくありません。

成人の約80%は「歯ぎしり」があると言われております。睡眠中などに起きているケースもあるので知らないかもしれません。それくらい歯ぎしりは自覚症状がなく、自覚している人も10%に満たないと言われています。人に指摘されてはじめて「歯ぎしりしていたんだ・・・」と考えるくらいです。

そんな歯ぎしりはクセのようなものとも言えますが、歯ぎしりで歯が無くなった、というケースもあるくらい力がすごく、おきている時の噛む力と比べ約6倍以上の力が加わっています。

歯を失わないためにも、「たかが歯ぎしり」と考えず、気になる場合は一度ご相談ください。

歯ぎしりチェック

下記項目にて3つ以上に当てはまる場合は一度ご相談頂くのが良いかもしれません。

□歯ぎしりがあると身近の人より言われた
□歯科医院で「歯ぎしりしてませんか」と言われたことがある
□事故やけが以外で歯が割れたり、欠けたりしたことがある
□集中している時、無意識に噛みしめている時がある
□歯の先端がすり減っている
□詰め物が結構取れる
□朝起きた時、口の周りに違和感がある
□あごの関節が痛かったり、音が鳴る場合がある
□歯の付け根がくぼんでいる
□冷たい水がしみる

歯ぎしりの原因

歯ぎしりはストレス解消のためと考えられています。

また、子どもの歯ぎしりは永久歯の生え変わり時期に良く見られるので、生え変わりに関与していると推察されています。

歯ぎしりの影響

1.歯が割れる

歯科治療で入れた被せ物や詰め物などが割れる場合があります。

2.歯がしみる

歯がすり減り、厚さがなくなるため、水がしみる、歯みがきで痛みが出る場合があります。

3.歯周病になりやすい

歯や骨に必要以上の力がかかるため、歯周組織にも影響が及び、症状を早める場合があります。

4.顎関節がおかしくなる

顎関節症や口が開きにくい、顎がずれるなどの可能性があります。

歯ぎしりの治療法

ナイトガードを使用する

睡眠時の無自覚状況において歯を守るための「ナイトガード」を利用することで、治療を行いましょう。

お口の内部はお一人おひとりにより異なりますので、ナイトガードもご利用者の口内状況に応じた形のものを作成します。

手順
診察および検査を実施し、歯型を取ります。得られた型からマウスピースを作成してお渡しとなります。型をとってからマウスピースができるまではだいたい1~2週間が目安です。

装着
睡眠時に装着してください。はじめは違和感あると思いますが、徐々に慣れていきます。

マウスピース料金表(保険診療の料金)

1割負担 3割負担 回数
マウスピース(1装置) 型取り 100円~250円 300円~700円 2回
セット 1,700円 5,000円
※別途、再診料、検査費用等がかかります。

スポーツマウスガード

マウスガードについて

マウスガードは主にスポーツ中における、歯と口の周りを守るために装着します。空手やアメリカンフットボール、ラグビーやサッカー、格闘技のような、接触による外傷の可能性があるスポーツでの歯や口の予防目的で使用されます。上あご全体の歯を覆う形状で、ゴム状の軟らかい素材でできています。

主な役割
・外部から起こる何かしらの力から歯や顎を守る
・口・舌・頬といった口周りの損傷を防止する
・脳への衝撃、脳へのダメージを防ぐ

手順
診察および検査を実施し、歯型を取ります。得られた型からマウスピースを作成してお渡しとなります。型をとってからマウスピースができるまではだいたい1~2週間が目安です。

装着
試合中、練習時に装着してください。はじめは違和感あると思いますが、徐々に慣れていきます。

備考
マウスガードを作成する場合は、虫歯の治療を行ってから実施します。
※治療途中からマウスガードを使うと適合性が悪くなる、歯が痛むなどのケースが見られるため
※マウスガード作成後に虫歯治療を行うと、歯の形が変わり、再度新しく作り直す必要があるため